リボの仕組みを理解しておこう

クレジットカードを持っている方でもリボの仕組みをよくわかっていないという方は結構多いようですね。
使わないということなら問題ないのですが、
もしカードを作る時に自動リボなどに加入したということであれば、
リボの仕組みはしっておかないと後々大変なことにもなりかねません。
手数料がかさんで支払いに困るようなことになる前にリボの仕組みをしっかり理解しておきましょう。
まずリボ払いというのは毎月カードで利用したリボ払いの利用金額を、
設定してある支払い金額までしか支払わないというものです。
支払い金額を越えて利用をした場合はその分は翌月へと繰り越しになります。
そして、その繰り越した分に関しては決められた手数料が毎月かかるということになります。
毎月の利用が支払い金額よりも少ないという場合であれば繰り越し残高はないのでなんの問題もありませんが、
支払い金額よりも利用金額が多いとなると繰り越し金額がどんどん重なっていくことになります。
そうなると当然残高がどんどん増えていくわけですから、手数料も高くなっていきます。
リボで怖いのは利用金額が増えても支払い金額は一定なため、
使いすぎたというような実感があまりないということです。
利用明細などは毎月確認して、必要なら支払い額の増額や繰り上げ返済を行うことですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: リボ基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。