リボ払いはぼったくり?

リボ払いはぼったくりだ、なんていう事を言う方が結構いますね。
最近はどこのカード会社もかなりリボ払いを勧めており、
非常に便利で、しかもキャンペーンや特典などでお得、だなんて言っています。
しかし実際利用した方からすれば「ぼったくり」というわけなんですね。
いったいどういった部分がぼったくりと言われているのでしょうか。
まず、カード会社はリボ払いを宣伝する際には良いところばかり宣伝して、悪いところはあまり言わないわけです。
これは企業としては当然のことなのですが、そのためよく理解せずにリボ払いを利用してしまう人が多いわけです。
まず非常に重要なのは手数料がかかるということですね。
リボ払いは毎月一定の金額を支払うものですが、その金額を越えると残高には手数料が付きます。
この手数料が「ぼったくり」と言われる所以ということですね。
多くのクレジットカードではリボ手数料は年率15.0%となっています。
つまり1ヶ月あたり1.25%の手数料を支払うこととなり、
10万円の残高があれば1,250円の手数料ということになります。
しかもこういったリボ払いは毎月の支払金額が五千円や1万円などの低額に設定されているため、
知らずに使っていると支払いがなかなか終わらず、手数料を払い続けることになってしまうというわけですね。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: リボ基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。