リボ払いは非常に危険

最近はどこのカード会社もクレジットカード利用者にリボ払いを勧めています。
自動リボなどに登録することで年会費無料だったりポイント2倍などの特典が付くため、
よくわからずにリボ払いを登録する方が増えているかと思いますが、
リボ払いというのはどういうものなのかというのをちゃんと理解していないと非常に危険です。
なぜリボ払いが危険なのかというと、やはり手数料がかかるということでしょう。
リボ払いというと分割払いと同じようなものだと考えている方が多く、
リボの方が気軽に使えるなんて考えている方もいます。
しかし実際に使えばリボの方が数倍危険だと言えるでしょう。
得に自分がいくら使ったのか、毎月いくら払っていうるのかを理解していない方、明細を見ない方なんかは非常に危険です。
分割払いの場合であれば利用した金額と利息を指定した回数で分割するということになるのですが、
リボ払いは毎月指定した金額で利用した金額を返済していくということになります。
同じ様に見えますが、分割の場合はさらに利用を重ねれば支払い金額も増大します。
一方リボの方は利用が増えても支払い設定が一定であれば毎月支払う金額は増えません。
そのため「使っている」という感覚が薄れてしまうのです。
そうして思っている以上に使いすぎてしまうというのが危険なのです。

SponsoredLink

この記事と関連するページ一覧

カテゴリー: リボ基礎知識 パーマリンク

コメントは停止中です。