LIFE CARDの後からリボ払い

LIFE CARDでは通常の一括払いとはまた別にリボ払いという支払い方法を選ぶこともできます。
リボ払いは毎月の支払い金額を予め決められた一定の金額に限定することで、
毎月の予定がたてやすく、負担を少なくできるという支払い方法です。
中には店頭では一括払いをしたけれど、やっぱりリボにしておけばよかった、なんていうこともあるでしょう。
LIFE CARDではあとからリボ払いというサービスがあり、
店頭など支払い時にはリボを指定していても、後日リボ払いに変更するということが可能となっています。
翌月の支払いが厳しい時などに利用すると非常に便利です。
変更の方法ですが、
LIFE CARDの下院サービスであるLIFE-WebDeskというサイトからIDとパスワードでログインをして、
支払い方法の変更という項目からあとからリボ払いの手続きが可能となっています。
LIFE CARDを利用している方ならこページは無料で登録できるので、誰でもすぐに手続きが可能です。
また、変更に関してはカードで利用した全ての利用をまとめてリボに変更することもできますし、
1回の利用ごとにそれぞれ指定して変更するということも可能となっています。
もちろんリボ払いというのは手数料がかかる支払い方法ですから、
できれば本当にピンチの時などのみ利用するのが望ましいですね。

カテゴリー: リボ種類 | LIFE CARDの後からリボ払い はコメントを受け付けていません。

リボ払いご利用残高とは何か

最近はリボ払いというのをあまり理解せずに利用している人が結構多いようです。
得に初めてクレジットカードを作ったという方で、よくわからないまま自動リボ払いの登録をしていたり、
そもそもリボ払い専用カードだったということに気づかず使っていたなんていう人もいます。
そういう方というのはカードの利用明細をの利用残高を見て驚いて気づくというケースが多いです。
リボ払い利用残高とはいったいなんなのかさえわかっていない人もいるみたいですね。
リボ払い利用残高とは文字通りリボ払いを利用して、毎月の支払い金額では支払えずに残った金額ということになります。
そしてその利用残高に毎月手数料がかかるということになりますね。
ですから利用残高が多くなればなるほど毎月支払う手数料も高くなっていくということです。
言うなればリボ払い利用残高とはカード会社からの借金なわけです。
しかしあまり理解していない人はそういった感覚がないため、
残高が溜まっているのにさらに利用を重ねてどんどん残高を大きくしてしまうわけですね。
残高を減らすためにはカードの利用をやめて毎月コツコツ返済をするか、
繰り上げ返済をして一部、または全額を返済してしまうかということになりますね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いご利用残高とは何か はコメントを受け付けていません。

リボ払いは非常に危険

最近はどこのカード会社もクレジットカード利用者にリボ払いを勧めています。
自動リボなどに登録することで年会費無料だったりポイント2倍などの特典が付くため、
よくわからずにリボ払いを登録する方が増えているかと思いますが、
リボ払いというのはどういうものなのかというのをちゃんと理解していないと非常に危険です。
なぜリボ払いが危険なのかというと、やはり手数料がかかるということでしょう。
リボ払いというと分割払いと同じようなものだと考えている方が多く、
リボの方が気軽に使えるなんて考えている方もいます。
しかし実際に使えばリボの方が数倍危険だと言えるでしょう。
得に自分がいくら使ったのか、毎月いくら払っていうるのかを理解していない方、明細を見ない方なんかは非常に危険です。
分割払いの場合であれば利用した金額と利息を指定した回数で分割するということになるのですが、
リボ払いは毎月指定した金額で利用した金額を返済していくということになります。
同じ様に見えますが、分割の場合はさらに利用を重ねれば支払い金額も増大します。
一方リボの方は利用が増えても支払い設定が一定であれば毎月支払う金額は増えません。
そのため「使っている」という感覚が薄れてしまうのです。
そうして思っている以上に使いすぎてしまうというのが危険なのです。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いは非常に危険 はコメントを受け付けていません。

リボ払いはぼったくり?

リボ払いはぼったくりだ、なんていう事を言う方が結構いますね。
最近はどこのカード会社もかなりリボ払いを勧めており、
非常に便利で、しかもキャンペーンや特典などでお得、だなんて言っています。
しかし実際利用した方からすれば「ぼったくり」というわけなんですね。
いったいどういった部分がぼったくりと言われているのでしょうか。
まず、カード会社はリボ払いを宣伝する際には良いところばかり宣伝して、悪いところはあまり言わないわけです。
これは企業としては当然のことなのですが、そのためよく理解せずにリボ払いを利用してしまう人が多いわけです。
まず非常に重要なのは手数料がかかるということですね。
リボ払いは毎月一定の金額を支払うものですが、その金額を越えると残高には手数料が付きます。
この手数料が「ぼったくり」と言われる所以ということですね。
多くのクレジットカードではリボ手数料は年率15.0%となっています。
つまり1ヶ月あたり1.25%の手数料を支払うこととなり、
10万円の残高があれば1,250円の手数料ということになります。
しかもこういったリボ払いは毎月の支払金額が五千円や1万円などの低額に設定されているため、
知らずに使っていると支払いがなかなか終わらず、手数料を払い続けることになってしまうというわけですね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いはぼったくり? はコメントを受け付けていません。

リボの仕組みを理解しておこう

クレジットカードを持っている方でもリボの仕組みをよくわかっていないという方は結構多いようですね。
使わないということなら問題ないのですが、
もしカードを作る時に自動リボなどに加入したということであれば、
リボの仕組みはしっておかないと後々大変なことにもなりかねません。
手数料がかさんで支払いに困るようなことになる前にリボの仕組みをしっかり理解しておきましょう。
まずリボ払いというのは毎月カードで利用したリボ払いの利用金額を、
設定してある支払い金額までしか支払わないというものです。
支払い金額を越えて利用をした場合はその分は翌月へと繰り越しになります。
そして、その繰り越した分に関しては決められた手数料が毎月かかるということになります。
毎月の利用が支払い金額よりも少ないという場合であれば繰り越し残高はないのでなんの問題もありませんが、
支払い金額よりも利用金額が多いとなると繰り越し金額がどんどん重なっていくことになります。
そうなると当然残高がどんどん増えていくわけですから、手数料も高くなっていきます。
リボで怖いのは利用金額が増えても支払い金額は一定なため、
使いすぎたというような実感があまりないということです。
利用明細などは毎月確認して、必要なら支払い額の増額や繰り上げ返済を行うことですね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボの仕組みを理解しておこう はコメントを受け付けていません。

リボ払いの罠とは?

最近はどこのカード会社もかなり積極的にリボ払いを勧めています。
リボ払いは毎月の支払いが均一になって予定を立てやすく、毎月の負担が少ないというのを売り文句にしており、
さらに自動リボなどに登録することで年会費が無料になったり割引されたり、ポイントが2倍になったりといった特典を付けアピールしています。
しかしよく言われるのは『リボ払いの罠』というものですね。
これだけ便利でお得なのはカード会社の罠だということですね。
ではどういったところが罠だと言えるのでしょうか。
まず、リボ払いというのは毎月手数料がかかることになります。
これが何よりも重要なことなのですが、当然ながらカード会社はあまりこの事は前面には出してきません。
毎月の支払いが均一になるというのは、利用が多い月の支払いを先送りしているだけです。
そしてその先送りにした部分に手数料がかかるようになっています。
リボ払いという言い方をしていますが、これは借金をしているのとそう変わらないと言えるでしょう。
しかも毎月の支払い金額が少ないといつまで経っても支払いが終わらずずっと手数料を支払続けるという事を考えると、
ヘタをすればただの借金よりもたちが悪いかもしれませんね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いの罠とは? はコメントを受け付けていません。

リボ払いの返済方法は

クレジットカードでは一括払いしか使わないという方が多いかと思いますが、
中にはリボ払いを多用される方、あるいはリボ払い専用カードしか持っていないという方もいるでしょうね。
リボ払いというのは毎月の支払金額を予め設定した金額に限定することで、
毎月の支払い金額を一定にするというものです。
しかし、利用金額が支払い金額よりも多い状態だといつまでたっても残高が減らず、手数料を払い続けることとなってしまいます。
この状態を解消するためには繰り上げ返済をする必要があります。
リボ払いの返済方法についてはいくつかの方法があります。
まずはカード会社のサイトから会員ページにログインするという方法。
毎月の支払い金額の設定を見直すか、その付きだけ支払い金額をアップさせる、あるいは全額支払うという返済方法になりますね。
この方法はインターネットから簡単に手続きができるので非常に便利です。
電話で各カード会社のデスクに連絡するという返済方法もありますね。
また、利用しているカードが提携している銀行やコンビニのATMで支払うという返済方法もあります。
この場合だと直接ATMで現金を投入して返済をするということになりますね。
なんにしてもリボ払いではできるだけ残高を大きくしないように早めに返済しましょう。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いの返済方法は はコメントを受け付けていません。

リボ払いと分割払いどっちが得か?

クレジットカードでは一括払いの他にはリボ払いや分割払いといった支払い方法がありますよね。
普段は一括払いしか利用しないという方も多く、
リボ払いや分割払いの違いというのがあまりよくわかっていない方も多いでしょう。
もし一括で支払うのはちょっと口座の残高が厳しいということであれば、
どちらかを利用することもあるかと思いますが、実際どっちが得になるのでしょうか。
リボ払いというのは毎月の返済額を一定にして、決められた金額づつ毎月返済していくというものです。
一方分割払いというのは利用した金額と金利を指定した回数で分割して支払うというものです。
どっちが得になるかは利用した金額とリボの支払い金額、そして分割払いの回数にもよってことなります。
同じ金額を使ったとしてもリボ払いの場合は毎月支払う金額が少なければそれだけ残高が減らず手数料が高くつくことになりますし、
その逆に早く支払ってしまえばあまり手数料は付きません。
一方分割払いの場合だと回数が多くなればなるほど金利も高くなってきます。
毎月ほぼ同じ金額を支払うとなった場合だと、
分割回数が少ない場合は分割払いの方がお得で、回数が多くなるようならリボの方が得になる計算となっています。
可能であれば利用する前にどっちが得かを実際に計算しておきたいですね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いと分割払いどっちが得か? はコメントを受け付けていません。

リボ払いの前倒しについて

クレジットカードではショッピングやキャッシングでリボ払いを利用することができますね。
リボ払いというのは毎月の支払いを予め設定した金額を上限として支払っていくもので、
その金額以上を利用した場合というのは翌月以降に繰り越されることになります。
しかし、リボ払いのデメリットとなるのはその繰り越し分には手数料がかかるというところですね。
ただ、リボ払いとは言っても繰り越した分は必ずしも翌月まで支払いができないわけではありません。
翌月の支払いや返済を待たずに前倒しで支払うということも可能です。
前倒しの返済は繰り上げ返済とも言われるもので、毎月の支払い金額とは別に追加して支払いをすることでッリボ残高を減らし、手数料を少なく、あるいはなくしてしまうことができるというものです。
前倒し返済の方法というのはカード会社や利用しているカードの種類によっても異なるかとは思いますが、
だいたいの場合はカード会社のサイトから会員ページにログインしてそこから手続きができるようになっています。
この方法なら自宅にいながらにしていつでも手続きができて非常に便利です。
また、電話で手続きをしたり、あるいは銀行やコンビニのATMで支払うこともできます。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いの前倒しについて はコメントを受け付けていません。

リボ払いの実質年率とは

クレジットカードの支払い方法というと基本的には一回払いが多く、
一回払い以外は使わないという方も多いのではないでしょうか。
一回払い以外だとリボ払いというものがありますが、リボ払いはよくわからないので使いたくないという方も多いようですね。
リボ払いでわかりにくいことの一つに実質年率というものがあります。
実質年率というのは要はリボ払いを利用した際にかかる手数料のことで、
残高に対してどのくらいの手数料がかかるのかを表したものです。
実質年率というのは一年間借りた場合にいくらかかるかを示したものです。
リボ払いは借入残高によって手数料というのは変動する残債方式というもので、この方式で利息計算をした年利の事を実質年率と呼びます。
実質年率というのは1年あたりの手数料を計算するものですが、
リボ払いでは毎月支払うことになりますので、残高にそのままの利率をかけるわけではありません。
例えば大手のクレジットカードでリボ払いを利用すると実質年率はだいたい15.0%などになっていますが、
毎月の手数料を計算する場合はこれを12で割って1.25%を毎月の残高にかけて計算します。
10万円の残高があった場合にはこれの1.25%ということになるので1,250円がその月の手数料ということになりますね。

カテゴリー: リボ基礎知識 | リボ払いの実質年率とは はコメントを受け付けていません。